青森県五所川原市大町509-3
FAX: 0173-26-6687

新着情報 What's New 最新消息 신착 정보

2020.01.08

みなさんこんにちは!

今日は吉さんが子供の頃、お花見に行って遊んだり、中学生の頃民謡歌手だった父親と一緒にお花見客の前で歌ったという「芦野公園」がミュージアムから車で25分くらいの所にあります。津軽鉄道だと7つ目の駅「芦野公園駅」です。
その公園にあるとっても素敵な喫茶店「駅舎」を紹介します。

会員の皆様には以前会報でおしらせしましたね。


もし、春にある吉さんの弘前市のコンサートに来られた方は来れるチャンスです。

昔の駅舎がそのままです。

ここに駅長と駅長の家族が住んで、駅の業務をしていたそうです。
古い木がそのまま・・・。ここが切符を渡す窓口だったのでしょうね。

下の写真は内線の電話です。
今も線路に沿ってある電線はこの為の線なのだそうです。
 (今は使われていません)

中は厨房以外は2つのスペースがあり、外を見ながらのんびり一人でお茶をするにはこの窓カウンター席がいいですね。

店内はギャラリーになっていて、今回は絵画が展示されていました。
鉄道好きな人が描いたみたいですね。

こちらの喫茶店の裏口です。裏がすぐ芦野公園駅のホームなんです。
ホームから写しています。

そして・・・
この時期に外せないのがこちら!雪かきグッズ!!

たくさん雪が降った時は、津軽鉄道の保線の方々の協力がもちろん必要ですが、今年は雪が少ないので助かっているようです。


このように列車は通ります。

ストーブ列車ですね~~~乗りたいですね~。(3月31日までですよ)

このように、ホームの雪片付けをします。お客さんがお手伝いしてくれる時もあるそうです。いいですね~。
こんないいタイミングで機関車?

いえいえこちらは・・・・

フォトコンテストの写真として雑誌に取り上げられたものでした。(*^_^*)

そして・・・
ここで一番のおすすめメニューは「激馬カレー」です。850円
「馬」の肉を使いスパイスの効いたカレーで、とっても美味しいです。

その他にもメニューが豊富です。
スリスリりんごカレーも気になります。

最後に素敵な笑顔のサカリさんです。
この笑顔が待ちしていますよ。

スリスリりんごカレーとカレーグラタンのレトルトもご用意しています。

今の時期は寒いのでゆったりとして頂けるそうです。


さくらの時期は芦野公園がさくら100選になっている公園なので混んでいる場合があり、入れない時もあるのでそこはご了承願いたいとのことでした。

こちらの公園ははなんと文豪「太宰治」の像があり、その隣には、「津軽平野」の歌碑もあります。
時間がとれたら是非立ち寄って下さいね。

2020.01.04

吉幾三コレクションミュージアムは、新年を迎えまして2日(木)から営業しております。 

帰省した家族と来られた方や遠方から旅行で来られた方々凄く若くて綺麗な女の子達と、多くの方々に足を運んで頂き新年早々私達スタッフも清々しい気持ちになりました。

  

中でも、カラオケルームで歌って楽しんでいった方々のドア越しに聞こえて来る声の雰囲気がとても良かったです。

  

当ミュージアムは本年も皆様のご来館を、この五所川原の地でお待ちしております。
それでは、皆様にとって2020年がより良い一年となりますように。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

2019.12.30
Exif_JPEG_PICTURE

12月23日・24日の2日間、吉ミュージアムでは お食事付きのディナーショー形式で クリスマスパーティをいたしました。

いつもはカラオケの音楽で歌を披露するのですが今回は笠井ゆかりさんの電子ピアノやエレクトーンでの生演奏 でしたから、写真のるり子さんもおおいに気合が入ったようです。

お客様はお馴染みさんから初めての方まで大いにクリスマス気分を満喫でした様です。なによりアットホームな感じがするパーティーでした。

途中お客さんにどうぞステージで歌ってくださいという時間帯があり、館長の呼びかけに快く応じたお客様のエンターティナーっぷりに驚きでした。

ご近所のおかみさんは、かつらと衣装を持ちこんでの熱唱です(*^_^*)
その他多くの歌の参加者もいらっしゃいましたがあまりに写真がよく撮れてて・・・公表を控えました。

公表okの館長と奥様のデュエットは大変息が合ってすてきでした。

またるり子さんは衣装替えして今度は雪のような白いドレスです。

Exif_JPEG_PICTURE

その後吉さんグッズなどの当たる抽選会があり、会場はおお盛り上がりです。
「残念賞なのに全然残念でない」商品です。

最後にアンコールがあったりして賑やかなうちに終了しました。

来年もまたやりたいですね。

2019.12.10

五所川原出身のFunky-Tsさんと福島出身のJun-Bayさんによるスペシャルライブが吉幾三コレクションミュージアムで行われます!!

懐かしのディスコやソウルミュージックを聴ける貴重な機会なので是非皆さん、足を運んで見て下さい。

2019.12.01

これからのイベントです。(2つ終了していますが)
「入場無料」が気になりませんか?まずはそれにいらっしゃいませ!!
そして最後のクリスマスパーティー(*^。^*)
クリスマスディナーを食べて・・・素敵な歌を聴くクリスマスイブ前夜祭です。

2/14 (金). 15(土)予定!
  シュガピン バレンタインライブ

シュガピン( suga pimps )profile 

青森県出身Funky-T、福島県出身Jun-Bayの二人から成るSoulデュオ。Sam & DaveをはじめとするSoulシンガーのカバーを中心に10年以上のライブ活動を経て、2010年1stシングルを発売。出会いは、日本でただ一人のジェームス・ブラウンファミリー故ドン勝本氏の事務所のオーデションで、コーラスグループ「Chocolate Voises」を経て、ソウルデュオSuga Pimpsを結成。また、一代目をJay’edが務めたソウルシンガー故ORITOのバックコーラスとして、Jun-Bayは二代目、Funky-Tは三代目を務めた。自身のライブ活動のほかにAI,SOUL’d Outのアルバムに参加、現在は国内有数のミュージシャンと共にライブ活動中。特に、バブルガム・ブラザーズのBro.Kone率いる「魂同組」の一員として全国でライブ活動中。

※詳細が決まり次第アップ致します

スタッフ一同お待ちしております。

2019.11.12

吉さんのポスターや作品に囲まれた空間でクリスマスのお食事はいかがでしょうか?

ミュージアムの中で食事・・・・なかなか経験できないですよ。

お食事は同じ建物の中にある「和モダンカフェ」が担当します。
素敵なディナーをお楽しみに・・・。

2019.11.12

地元高校生と箏の共演です。
高校生で篠笛や三味線ができるというのは多くはいません。
小さいころからのねぶた囃子がやる気にさせたのかもしれません。
応援を込めて聴きにいらっしゃいませんか?

無料ですが、予約願います↑

2019.10.07

10月5日土曜日、Y.C.M吉幾三コレクションミュージアムにて、ほのかりんごさんのコンサートが行われました。
若くて可愛い…♡
アイドルの女の子のコンサートは当ミュージアム初です。 

なんといっても名前が「りんご」
青森県を代表する女の子ということですね。色白でまさに津軽美人です。
そして当然ですが、歌は素晴らしいです。
歌手の藤あやこさんの下で長い間修行して、いよいよデビューとなったわけです。
一部は「365日の紙飛行機」に始まりカバー曲を爽やかに歌い上げました。

  

  

  

  

当ミュージアムでライブが出来る事をとても楽しみにされていて、3曲目の「りんごの唄」を歌う際は来て下さったお客様のところへ出向いて握手をして周ってくれました。
我がスタッフは「かわいい~」と絶賛し、握手をしてもらいたかったようでした(笑)
「男性なら絶対こんなお嫁さんほしいって思いますよ(♡o♡)」とも。

 

 

 

 

そして二部が始まる前、こちら・・・・

お父さんではありません。
現在、ほのかさんと同じ事務所の先輩タレントであり、マネージャーであり、本業は司会者でもある東玉助さん。
そうそう・・・そのままの読み方です。フフ・・・

 

  

  

そして、二部はゲストの山口めろんちゃんと一緒に登場。
果物つながりで仲良くなったそうで、姉妹のような可愛らしいお二人を見ていると微笑ましいですね。
このめろんちゃん知る人ぞ知るピアノの達人さんです。
めろんちゃんは、「TEPPEN」と言う芸能人特技王座を決める番組のピアノ部門で一位をとったという物凄い腕前の持ち主。
その番組はフジテレビ系のため・・・残念ながら青森県では放送ありませんでした(涙)
まだ幼さが残るめろんちゃんですが、りんごさんと息の合った伴奏をしてくれました。

  

  

  

  

二部は自分の持ち歌を中心にメロンちゃんの伴奏で聴かせました。
これから歌手として成長していくと思いますが、小さなミュージアムの会場で少ない人数の前で歌ったことも一つの思い出として残っていくことと思います。

  

  

これから苦い経験もあると思います。
でも好きな事なら頑張れますね。
吉さんも並大抵の苦労ではない事を乗り越え、今があります。

  

  

吉さんのカバー曲を歌う事になったこともきっかけの一つですので、そのチャンスを無駄にせず思いっきり「やってまれ~~~」と応援したいと思います。

2019.09.23

皆さん、こんにちは!スタッフ其田です。

秋晴れの清々しい空気が気持ちいいですね。
3連休ですので、お出かけされている方も多いのではないでしょうか?

  

  

昨日は、お陰様で「第2回 館長&RURIKOチャリティーライブ」も大盛況のうちに終わりました。

予想以上のお客様に、用意していたイスだけでは足りなくなり、慌てて追加することに…(嬉しい悲鳴とはこういう事ですね)<(_ _)>

  

  

オープニングは館長とRURIKOさんの面白トークから始まりました。

表情が実に豊かな館長です。

  

  

  

  

観客の方も大いに巻き込んで、トークする館長(笑)
まさに吉さんです。さすが吉さんと気が合う友人だけあります。
吉さんの衣装のボタンがかからないようで・・・その上ズボンのチャックがオープンしているというサービスっぷり。本当にひょうきんなのです。
だから応援してくれる人が多いのですね。

  

  

  

RURIKOさんが「デュエットを一緒に歌いませんか?」と館長に言ったら、妻以外とは出来ないと公言されました(笑)
その後のトークの二人の表情が何とも言えません。

  

  

 

もちろん、お二人とも歌でたっぷり聴かせてくれました。

「酔歌 追伸…」でウルッと来て…

  

  

  

「酔っぱらっちゃった」で盛り上がる!!

  

 ゲストは館長の弟(嘘です)、古坂さん!
館長さんがやっている会社の社員さんなんです。あまりにも上手いので今回お願いしました。
ま~~~~~~んず、上手い!
歌手だべが?という感じです。世の中には歌の上手い方がいるんだなぁ~~と感心するばかりでした。人前で歌う事が無いらしく恥ずかしそうにうつむいていますが、歌声が別人!(失礼ですね)

ということで、笑いあり、涙ありのこのチャリティーコンサートも
アンコール含めて一時間半ほどの楽しい時間が過ぎて行きました。
これからも10回ほど予定していて、一年後には皆さんからの募金を一年分合わせて市内外の障害者施設に寄付させて頂きます。

これからのコンサートについて詳しいことは決まっていませんが、我こそはという方は当ミュージアム松川まで出演依頼してください。

  

 

2019.08.31

皆さん、こんにちは!スタッフ松川です。
昨日は、前から告知していた通りですが、サエラさんのライブがありました。

ご覧の通り会場は満席でした!

  

当日は雨が降っているにも関わらず、ミュージアムの入口前には、開場の1時間以上前からライブを見る為の列が出来ていました(^o^)

  

  

  

ライブは2部編成で、第1部は白いドレスに身を包んだお二人が登場し、菊地さんの津軽弁トークから始まり…
菊地さんの柔らかで伸びのある歌声と、ピアノの高橋さんの指が奏でる滑らかなメロディーに会場のお客様がどっぷり酔いしれてました。

  

菊地さんの津軽弁トークが笑えて、私が知らない時代(昭和30~40年代)の津軽の風景が想い浮かぶ語りもあり、聴いている途中で涙が…

あぁ、故郷っていいな…、人間に生まれてきて良かったな…と、改めて考えさせられる部分もあり、色んなことが感じられるトークでした(^ ^)

  

   

そして第2部は、またまた綺麗なドレスに身を包んだお二人のトークから始まりました。
私のデジカメがあまり良くないのですが、衣装を近くで見るともっと輝いていて綺麗です❤

  

  

  

そして、今回のライブを通して半分ほどの曲は、ピアノの高橋さんが作詞作曲されていると聞いてびっくり!
吉さんの「岩木川」や「津軽平野」も歌われましたが、曲のアレンジも高橋さんが書かれているそうで、それがまた菊地さんのボーカルにピッタリな雰囲気を出していて、うわ~とただただ感動でした。

 

 

 

10月5日には、十和田市でまた、サエラさんのライブがありますので、まだサエラさんの歌を聴いた事のない方は是非是非行ってみてください!